▲トップへ

タイトルサンプル

原因不明の歯痛、顔の痛みに慶應義塾大学における永年の経験と米国口腔顔面痛専門医資格を持つ和嶋浩一が対応します

top

HOME ≫

元赤坂デンタルクリニックは痛みの専門クリニックです

このような患者さんが受診されます

具体的にどの様な症状なら受診すれば良いのか   患者さん向け情報も参照してください

Orofacial-Pain-Dentistry

1.原因不明の痛み、口腔顔面痛 OFP( Orofacial Pain)、非歯原性歯痛

受診された患者さんが話してくれたこれまでの治療状況や現在の症状です、参考にしてください。

これまでの治療状況

● 歯や顔が痛く、何軒もの歯科や耳鼻科、内科、脳神経外科などを受診したが、原因がはっきりしない、異常がないと言われた、でも、痛みが続いている
● 今、痛い歯の治療を受けているが、痛みは一向に直らない。隣の歯も痛いような感じがする。
● 痛い歯の神経を抜いたり、抜歯をしてもらったりしたが、痛みが続いている。
● ぶつけた歯、神経の治療した歯が、いつまでも敏感のまま

現在の症状

● 歯や歯肉に鈍い痛みがずーっと続いている
● 何処の歯や歯肉が痛いのか判らなくなってしまう。
● 朝起きて暫くすると、いつもの痛みが出てくる、夕方に強くなる
● 時々、忘れていることもあるがほぼ一日中続いている。
● 歯や口の中の痛みが気になってお家の仕事が手につかない
● 痛みの事しか考えられず、不安感が強く何も手に付かない。

原因疾患は
歯や顔が痛く、歯科や耳鼻科、内科、脳神経外科など受診したが原因がはっきりしない、異常がないと言われた. 精神的なものではとか、気のせいではと言われた。
 

普通の歯の痛み、歯肉の痛みの原因は?
•歯や口の中、周り、顔面の痛みは、 
 1)歯、歯肉が原因(主には炎症)の痛み(歯原性)と        
 2)
歯や歯肉の炎症によらない、診断のつきにくいややこしい痛み(非歯原性)がある。
● 最も多いのは顎の周りの筋肉(咀嚼筋)の痛み(筋・筋膜疼痛)です。
● 次に多いのが、三叉神経が何らかの原因で壊された、刺激された結果の痛み(神経障害性疼痛)です。詳しくは「非歯原性歯痛とは」
4353727_s

2. 顎関節症 TMD (TemporoManidibular Disorders) 

顎関節症の治療は一般歯科でも行われていますし、専門医もいます。しかし、大学や専門科で治療を受けているが治らないという患者さんが多く受診されます。

これまでの治療状況

● マウスピースを入れているが、痛みが消えない、口が開かない
● かみ合わせの調整を受けているが、痛みが消えない、口が開かない
● かみ合わせを全部直したが、痛みが消えない、口が開かない
● 治療で一時治ったが、また、症状が出ている
● 治療しても直らず、矯正や手術した方が良いと言われた

現在の症状

● アゴがだるい、頬に何時も鈍痛がある
● 食後にアゴの痛みが強くなる
● 口が大きく開かない、引っかかる
● アゴを動かすと「カクン、コックン、カリッ」、「ジャリジャリ、ゴリゴリ、ミシミシ」と音がする
✕ マウスピースは異和感が強くて、とれも入れて寝るのは無理、入れては寝られない

当クリニックの診断・治療について治療の基本姿勢と症例 を参照ください

口腔顔面痛、顎関節症の症状は多彩で患者さん毎に異なるため、正しく診断され無いままに治療が行われていることがあります。当クリニックでは正しく診断することから始めます。既に治療を受けているが改善しないなど、症状、経過に不安がある方はご相談ください。  治療は最新の国際標準ガイドラインに従って、患者さん毎に最適な治療を行います。 
原因になる疾患によっては慶應義塾大学病院の専門外来(神経内科頭痛外来、ペインクリニック、脳神経外科など)へ紹介させていただくこともあります。 

         お知らせ

 

火曜、金曜、第3土曜午前の診療です。 下記 診療時間参照

残暑が続きますが、もう9月半ば、来週は月曜日が敬老の日、金曜日が秋分の日と一週間に2日も祝祭日がありシルバーウイークです。 
コロナ新規感染者数は1万人を切るようになりました。お盆の時期帰省等による人出の影響は少なかった様ですね。10月からは学会が続きます、オンラインで顔を見ながらデスカッションをしていますが、久し振りに現地で会っていろいろな話しをしたいと思います。来月からオミクロンに有効なワクチン接種が始まるそうです。自衛手段として、外食は避ける、手洗い、マスクは手放せませんね。くれぐれもお気をつけ下さい。

米国で出されたTMD改善勧告レポートに関して7月の顎関節学会でシンポジュウムを行いました。10月の日本口腔顔面痛学会でもシンポジュウムが企画されています。今後、日本の顎関節症も良い方向に変わることを期待します。

口腔顔面痛を診療していて気になること非歯原性歯痛の専門用語、話題などを患者さん向けに平易に解説しました。ブログPageを参照してください。  

海外在留で痛みで苦しまれている方、国内に住まわれているが近くに痛みで受診、相談できる適切な施設がない方々に向けて、オンライン相談を始めました。 詳しくは風の杜歯科 オンライン相談を参照ください。http://www.kazenomorishika.com/online.php

 

院長挨拶

2022インドネシア講演まとめ

院長 和嶋浩一

慶應義塾大学病院における永年の診療は私にとって非常に貴重な研修でした。その経験を活かして原因不明の痛みを治し、長い間のつらい、悩みの生活から解放されるようお手伝いします。

下の写真はインドネシア補綴専門医研修コースで口腔顔面痛のオンラインセミナー、アジアの学会お手伝いの延長で、インドネシア、フィリピンの若手にオンラインセミナーしています。

1978年 神奈川歯科大学卒業
1978-2017年 慶應義塾大学医学部歯科口腔外科学教室勤務
2021年

元赤坂デンタルクリニック 口腔顔面痛センター開設

  •  北海道大学歯学部 非常勤講師(疼痛治療の薬理学を講義)
  •  慶應義塾大学医学部 歯科口腔外科研修、1978年入局以来2022年3月まで44年間お世話になりました。
所属学会、資格
日本口腔顔面痛学会 顧問(名誉会員、指導医、専門医)初代理事長
日本顎関節学会(名誉会員、指導医、専門医)
日本頭痛学会(名誉会員、指導医、専門医)
Diplomate American Board of Orofacial Pain-19990017合格(米国口腔顔面痛専門医資格)
Asian Academy of Orofacial pain and TMD (Past president)

診療時間

 
午前10:00-13:30
午後14:30-18:00
※第2火曜は休診し、水曜日に診療
※第1、3土曜日診療

予約について

完全予約制です。
お電話の場合:☎03-3478-5248まで診療時間内にお電話ください
メールの場合:motoakasakaofp@gmail.com メールに対して折り返し電話にて予約を確定させていただきます、電話番号をご記入ください

アクセス

〒107-0051 東京都港区元赤坂1-1-7赤坂モートサイド5階505号室

  • 東京メトロ丸ノ内線、銀座線赤坂見附駅B出口徒歩3分 地上に出たら、旧サントリービルに沿って右に進み、ガソリンスタンドの手前の道を左に入り、2軒めトヨペットの手前のビルです。一階はコーヒー専門店/喫茶店です。
  • 東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線永田町駅 7番出口徒歩5分 地上に出たら、旧サントリービル目標に横断歩道を渡ってください。右前方にガソリンスタンドが見えます。ガソリンスタンドとトヨペットの間のビルです。

メディア情報

「首から上の謎の痛み」を25年以上治し続けた、口腔顔面痛のパイオニア

ダイヤモンドオンライン https://diamond.jp/articles/-/269128

その歯の激痛は「歯」が原因じゃないかもしれない

現代ビジネス https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66116?imp=0

歯の痛み、歯のせいじゃない?知られざる非歯原性歯痛

https://www.asahi.com/articles/ASL3X6J6...

抜歯したのに「歯が痛い」――謎の歯痛の意外な原因

https://diamond.jp/articles/-/148909?page=4

「耳を鉛筆で突き刺されたような…」帯状疱疹が引き起こす激痛と顔面麻痺の正体

現代ビジネス https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80874

【電話番号】
03-3478-5248

【住所】
〒107-0051
東京都港区元赤坂1-1-7
赤坂モートサイド505

【診療時間】
10:00~13:30
14:30-18:00

【診療日】
火曜日、金曜日、土曜日(午前)
※第2火曜は休診し、水曜に診療
※第1、3土曜日診療

サイドメニュー  和嶋雑感

モバイルサイト

元赤坂デンタルクリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

口腔顔面痛
専門医・認定医のいる施設

風の杜歯科
日本口腔顔面痛学会