▲トップへ

タイトルサンプル

原因不明の歯痛、顔の痛みに慶應義塾大学における永年の経験と米国口腔顔面痛専門医資格を持つ和嶋浩一が対応します

HOMEブログページ ≫ 考えすぎは「思考ウイルス」の感染 ≫

考えすぎは「思考ウイルス」の感染

口腔顔面痛の外来で、毎晩眠る前に、一人でその日の反省会をしているという患者さんがいます。神経質そうな患者さんには、「寝る前に反省会していますか」と聞くと、想像していた以上に、毎晩しています、という返事が多いことにビックリして、ほぼ全員に聞くことにしています。この反省会をしている人は思考ウイルスに感染して考えすぎ (overthinking)の人達なのだろうと思います。以前に HSP(Highly Sensitive Person)についても紹介したように、同類と思います。 和嶋浩一

2022年9月1日(木)08時57分 ニューズウィーク日本版ウェブ編集部 https://www.newsweekjapan.jp/stories/lifestyle/2022/09/post-99512.php
<「考えすぎ(overthinking)」は「思考ウイルス」による、認知システムのバグ。自尊心を傷つける思考パターンを手放すには、言葉の使い方を変えるだけ>
思考は人間が動物と区別される能力の1つである。しかし、近年、「考えすぎ(overthinking)」の有害性に関する研究が相次いで発表されている。
「思考ウイルス」による 考えすぎ(overthinking)の一覧
白黒思考/過度の一般化/ネガティブフィルター/マイナス化思考/結論の飛躍/拡大解釈/過小視/感情的推論/認知的推論/身体的推論/自己関連づけ/「もう耐えられない!」/レッテル貼り/べき思考
これの認知(思考)の片寄りは、自動思考、認知の歪み(不合理な思考パターン)と言う言葉で以前から用いられていました。認知療法の創始者であるアーロンベックの弟子バーンズは1989年に続編として出版されたfeeling good handbook の中に代表的な自動思考、認知の歪み(不合理な思考パターン)として10の歪みが記載されています。 

もう一つ興味深い記事があります。上の記事の元です
心配しても92%は意味がない。欧米で注目「考えすぎ」問題への対処法とは
2022年8月19日(金)19時55分 ニューズウィーク日本版ウェブ編集部 https://www.newsweekjapan.jp/stories/carrier/2022/08/92-4_2.php
「心配」や「考えすぎ」をやめられない根本原因  養育歴の影響が書かれています。
なぜ私たちは「ネガティブな考えすぎ」から抜け出せず、心配せずにはいられないのか。実はそれには、子ども時代の経験が大きく影響している。
そもそも子どもが先天的に心配性である確率は25~40%だと著者は言う。そして、子どもは、周りの大人が大丈夫なときにだけ、自分も安全であると生存本能的に考える。すると、親や周囲の大人が眉間にしわを寄せたり、ため息をついたりしているのを見たときには、大人がそうしているならそれは重要なことで、大人の社会で生きていくために必要なことなのだと認識するのだ。
過剰に心配をする親は、得てしてわが子に対して過保護になりがちだ。そうして親が子どもを心配することで「この世界は、つらいことで満ちあふれた危険な場所だ。安全でいるためには、つねに警戒していなければならない」といったメッセージをいつの間にか子どもが受け取ることになる。これが、私たちが「心配」や「考えすぎ」をやめられない根本的な原因である。 慢性疼痛ではこのように養育歴の影響が大きいと言われています。

「考えすぎ(overthinking)」は「思考ウイルス」感染の患者さんは結構多くいます、昨日の診療した人もそうでした。この人達、起こりうることをいっぱい想定して、それでも、もしこうなったらどうしようと、そこまで想定しなくても、そんな事起こらないでしょうと言いたくなるくらいに考えすぎています。
昨日朝、出勤前に駅ナカの本屋さんで「考えすぎてしまうあなたへ」思考ウイルスの本を買って、早速患者さんと一緒にパラパラと開きました。患者さんは私のために書かれた本のようだと言っていました。
この本はオーストラリアで出された本で、世界中何処にも思考ウイルスがいて、考えすぎてしまう人がいるようです。
「考えすぎ(overthinking)」は「思考ウイルス」による、認知システムのバグ このバグの修正方法は原則、認知行動療法です。
認知行動療法の要素分析では ある状況があって、それに対して 思考(認知)感情 身体反応 行動が生じます。
この本に書かれていることは認知行動療法の中の思考(認知)を捉えて、思考ウイルスによって歪んだ思考になっていないかを確認するために、自分の思考を書き出して、歪んだ思考を見つけて修正しようとする方法です。
本格的な認知行動療法は専門の方に任せるとして、クリニックで実施する認知行動療法としては導入しやすいと思います。
2022年09月06日 11:18

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

【電話番号】
03-3478-5248

【住所】
〒107-0051
東京都港区元赤坂1-1-7
赤坂モートサイド505

【診療時間】
10:00~13:30
14:30-18:00

【診療日】
火曜日、金曜日、土曜日(午前)
※第2火曜は休診し、水曜に診療
※第1、3土曜日診療

サイドメニュー  和嶋雑感

モバイルサイト

元赤坂デンタルクリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

口腔顔面痛
専門医・認定医のいる施設

風の杜歯科
日本口腔顔面痛学会